しわには紫外線対策を徹底的に

赤外線対策は365日行いましょう!

しわには紫外線対策を徹底的に

紫外線といえば、しみやそばかすの原因として有名ですが、しわにとっても大敵です。 日頃から美顔づくりに励んでいても、ほんのわずかな時間で肌にダメージを与え、老化を進めてしまうのが紫外線なのです。

わたしたちの皮膚のハリや弾力を支えているのは、コラーゲンという成分です。皮膚は表皮層や真皮層などが重なって、外界の異物の侵入を阻止し、体内の水分を保持して蒸発を防いでいます。紫外線はこの真皮層にあるコラーゲンを破壊してしまいます。

コラーゲンがその働きを失うことにより、肌のハリや弾力が低下して、たるみができ、しわが作られるのです。このような紫外線が引き起こす肌の老化を「光老化」といいます。

アンチエイジングのために、紫外線対策は非常に大切です。日焼け止めクリームなどを正しく使用して、紫外線から肌をしっかりと保護しましょう。紫外線は、波長によってUV-A・UV-Bなどに分けられますが、UV-Aは曇り空でも地上への到達量がほとんど減少しません。

また、ガラスを通過してしまいます。どんな天候でも室内外に関係なく紫外線対策が求められます。 紫外線を直接浴びる屋外では、帽子や日傘などを使用しましょう。紫外線から守る役割を果たしているのが、地球の大気を覆っているオゾン層ですが、オゾンの量は年々減少しているそうです。

そして、紫外線量は増加していると言われています。真夏も真冬も紫外線量に大きな差はありませんから、一年中、紫外線対策が必要でなのです。紫外線を吸収しやすい黒色、UV加工済みなど、紫外線遮断効果の高いさまざまな商品が販売されています。

日焼けをしてしまったときには、できるだけ早く適切な応急処置を施しましょう。日焼けとは、皮膚が炎症を起こした状態、軽いやけどと同じです。

とにかく冷やすことを優先しましょう。その後は、たっぷりの化粧水を肌にしみ込ませ、水分を補給します。そして、乳液やクリームなどを塗って、肌の潤いを保ちましょう。皮膚を再生する能力が低下していますから、日頃より念入りなケアが必要です。