ほうれい線消すと見た目年齢はマイナス10歳?!

テレビドラマやバラエティなどで、若い世代のタレントが高齢者の役を演じるために、頬に2本のほうれい線を引いているのを目にすることがあります。アニメや漫画でも老人を表す方法としてポピュラーなのが、頬に2本のほうれい線を描くという手法です。

顔のしわの中で最も目立つのがほうれい線ですから、老け顔の一番の特徴となっているのでしょう。 ほうれい線とは、2つの小鼻の脇から口元の両端に続く2本のしわのことをいいます。

表情筋の収縮によって起こる表情じわの一種で、笑って口を大きく開けたり、横に広げると、ほうれい線ができやすくなります。たとえできても若い頃はすぐに元に戻り、見えにくくなるのですが、加齢とともに戻るのが難しくなります。ほうれい線の溝が深くなると、口を閉じているときでもはっきりと見えるようになるのです。

ほうれい線が、皮膚の奥にある真皮層にまで届くまで刻まれてしまうと、セルフケアだけでは解決しきれず、専門家に頼らざるを得ない場合もあります。ほうれい線があるだけで実年齢より何歳も老けて見られることから、女性だけでなく男性でも気にしている人が多いそうです。

保湿能力の高さをアピールする男性向けほうれい線化粧品も販売数を伸ばし、店頭に並んでいます。一般的には20代後半から、ほうれい線が目立ち始めるといわれています。しかし、ほうれい線は生まれたときから存在します。

子どもや若年層は肌にハリがあり、ほうれい線が浅いために見えにくいだけなのです。 実際、ほうれい線が目を引くようになる年齢には個人差があり、肌質のほかに顔の骨格や脂肪のつきかたも影響します。乾燥肌だったり、やせた体型だったりすると、10代の頃からはっきりと見える場合もあります。

逆に40代になってもみずみずしい肌を保ち、わかりにくい人もいるのです。 ほうれい線も他のしわと同様に若い頃からの予防や、一日も早い対策が大切です。毎日コツコツと適切なスキンケアを続けていきましょう。

ほうれい線ケア《40代の場合》

「アンチエイジング」という美容単語も広く知られるようになり、 巷では年齢に縛られない美しい女性をよく見かけるようになりましたね。 美魔女とも呼ばれる彼女たちは、日々のケアや努力によって 年齢を思わせないほど美しい見た目をキープし続けています。

その一方で、アンチエイジングを気にせず過ごしてきた女性もまだまだ存在していて、 その二極化が如実にビジュアルに響いてくるのはちょうど40代頃なのではないでしょうか。

何もしないでいれば、40代の女性はやはり“老けた女性”です。 全ての人間は老化するものですので、その変化自体は仕方のないものなのでしょうが、 老化のスピードを努力で食い止めてきたか否かは見た目に出てきてしまうのです。

「もう年だから、仕方のないこと」と諦めてはいませんか? 老化現象は、本人の努力でスピードを遅くすることができるはずです。 ぜひ今日から、アンチエイジングをスタートさせましょう。

40代女性のほうれい線の原因は、一つに絞ることができません。 例えば、私たちのお肌の真皮層にはコラーゲンと呼ばれる繊維があり、 私たちのお肌にハリや弾力を与えています。このコラーゲンは、加齢とともに 数が減り、そして質も低下してしまうものです。

また、老化によって筋力が低下することもよく知られていますが、 お顔にある表情筋の低下も例外ではありません。 表情筋が落ちることで、お肌はたるみ・シワなどを発生させてしまうのです。

これらの老化現象に加え、乾燥や紫外線によるダメージなどもホウレイ線の原因となります。 つまり、40代のホウレイ線ケアでは、20代・30代に引き続き、 保湿や紫外線対策などの基本的なスキンケアも徹底するとともに、 老化によっておこるコラーゲンの減少や表情筋の衰えにもアプローチが必要になってきます。

コラーゲンやヒアルロン酸の摂取を心がけた食生活や、 毎日の表情筋トレーニング・マッサージなどで、 老化に負けない美しさを保ちましょう。

ほうれい線消すと見た目年齢はマイナス10歳?!

ハリや弾力を失うと、ほうれい線などの目立つシワやお顔全体のたるみを引き起こしてしまいます。 お肌のたるみは、重力に沿って下へ下へと進んでいきますね。

すると、印象はまるでブルドック犬のようになり、 いかにも老け込んだイメージを相手に与えてしまうでしょう。 表情筋の強化や、ライフスタイルや化粧品の見直しなど、様々な解決法から、 ハリ・弾力の低下を食い止めたいものですね。

ハリや弾力アップに効果が期待できる美容成分は存在しますし、 その成分を日々のスキンケアに活かすことで老化のスピードもダウンさせることができるでしょう。 そこにプラスして、化粧水や美容液、クリームの塗り方をこだわってみませんか。

たかが塗り方、と甘く見ていてはいけません。 スキンケアは毎日するものですから、お肌へ与える影響も決して小さなものではないのです。

基礎化粧品の塗り方で注意したいポイントは、 「下から上へ向かって」という方向を守ることです。 上にも書きましたが、老化現象は重力に沿って、 上から下へ、上から下へ・・・、と、垂れ落ちるように進んでいきます。 上から下へ、たるみを癖づけるようなケアを毎日していては、 お肌も下へ引っ張られてしまいますよね。

上に上がって欲しくて毎日スキンケアするわけです。 お肌に躾けるように、ぜひ「下から上へ」を守ってみてください。 例えば、フェイスラインは、顎の下から耳の後ろの方向へ・・・。 二つに伸びるほうれい線は、口角から小鼻の方向へ・・・。 下から上へ、マッサージするように塗ってみてください。

また、年齢の出やすい目元のケアでは、涙袋の血行を促すように優しくポンポンと塗りましょう。 目元はとくに皮膚の薄いデリケートな部分です。 力を入れすぎて負担をかけすぎないように、優しくケアしてくださいね。

毎日のお手入れも、少しの工夫でアンチエイジング効果が期待できます。 ほんの少しの工夫ですが、毎日のことだからこそ、侮らず励んでみましょう。 今日のスキンケアから、ぜひトライしてみてください。